株式会社Re:Build

株式会社Re:Build

Laravel Conf Taiwan 2019に参加しました!

こんにちは!株式会社リビルドのテツです!

今回は7月13日(土)に台湾の 張榮發基金會國際會議中心(Zhang Rongfa Foundation International Conference Center) で行われた LaravelConf Taiwan 2019に参加してきたのでその参加レポートをお届けしたいと思います! 今回は弊社代表の鈴木と、株式会社CYDAS の小深田さんがセッション枠で発表するということでそちらの模様もお届けします。

Laravel公式サイト

Zhang Rongfa Foundation International Conference Center

f:id:kaoru6strings:20190723181050j:plain

各セッションの内容を一部お届け!

✨ Abracadabra, Let Me In ✨ Sprinkle some magic to avoid authentication and authorization headaches

Auth0のBɛn Dɛkraɪさんによる「Auth0を使って認証と承認の頭痛を避けるために魔法を振りかける」というタイトルの発表でした。

車輪の再発明をするのをやめようという話から始まりました。Paymentの仕組みはStripe,認証・認可はAuth0, というように既存の仕組みを 再利用していくことで、作り手がビジネスロジックのみに集中できるようになるとのことでした。また、既存の仕組みがない場合はOSSへ貢献するチャンス!どんどんライブラリを公開していこうという話もありました。Auth0のwordpressプラグインあるっぽいので、Wordpressでの構築のさいも認証の仕組みでドキドキしなくて済むのはありがたいですよね!

GitHub - auth0/wp-auth0: WordPress Plugin for Auth0

また、Auth0 + Wordpressの構築をライブコーディングで実演していたのですがカンファレンス規模の発表でライブコーディングしているのは初めて見たので圧巻でした!今度どこかで組み込むチャンスを作って、Auth0使ってみたくなりました。

いよいよ日本勢の発表!

のまえに、同時通訳をしてくださる方との入念な打ち合わせ!

f:id:kaoru6strings:20190723181245j:plain

日本勢は日本語での発表ということで、台湾語への同時翻訳をスムーズに行うために入念な打ち合わせがおこなわれました!

未経験からの挑戦!Laravelでのプロダクト開発

株式会社サイダスの小深田さんの発表です。プログラム未経験者がチームにいる場合の開発体制について、自分の体験談を踏まえて様々な考察がなされました。経験年数が浅いメンバーが多かったため、モブプログラミングで開発を進めていく体制をとったとのことでした。(モブプログラミングに関しての説明はこちらの記事がおすすめ モブプログラミングを実際にやってみた - Qiita

f:id:kaoru6strings:20190723181437j:plain f:id:kaoru6strings:20190723181458j:plain

具体的に試してみた案としては、

  • zoomを繋ぎっぱなしにする
  • レトロスペクティブを毎日する
  • 振り返り(レトロスペクティブ)を毎日していく中で、チーム内のプログラミング初心者の悩みをしっかり汲み取って先輩エンジニアが様々な助言をくれる体制を作った

などがありました。モブプログラミングをはじめて良かったことは、チーム内でのコミュニケーションが多くなったこと、レトロスペクティブでしっかり振り返ることでチーム全体が成長できたこと、プログラミング能力がすごい人からどういう思考でコードを書いているのかが学べることなどが挙げられました。

Laravel + Nuxt.js + FirebaseでDXと開発コストを意識したSPA開発

弊社鈴木の発表です。これまでチームマネージャーや、技術選定をする役割を勤めた経験からチーム内のDeveloper Experience(開発者が気持ちよく開発・保守できるかどうかの指標)を上げていくためにどういう取り組みをしたかという内容でした。

f:id:kaoru6strings:20190723181746j:plain f:id:kaoru6strings:20190723181805j:plain

具体的には、

  • 今後、市場として注目されそうな技術
  • インターネット上のドキュメントが充実しているか
  • 沖縄では尖っている技術
  • 開発コストが高すぎず、程よく難易度の高い技術

に絞って技術選定をしてきたということでした。

弊社自社サービスのTadoruの宣伝もしっかりしておりました!

f:id:kaoru6strings:20190723181914j:plain

カンファレンス終了後、何人か台湾の方もTadoruに登録してくださっていたみたいです。謝謝!

Laravel Conf Taiwan 2019のここがすごい!

次に、Laravel Conf Taiwan 2019に参加して、すごっ!と思うことがたくさんあったのでレポートしていきたいと思います。

翻訳がすごい!

  • さまざまな言語圏の方が参加するため、発表中は英語、日本語、台湾語で同時通訳が行われておりセッションの内容が全くわからないということはありませんでした
  • リアルタイム翻訳を実現するのにauXalaというWebサービスが使われていたですがこれが本当にすごい。品質・操作性ともに満足のいくものだったので、今までのように1つ何万もするインカムを会場で配布するようなことはしなくてよくなりましたね!みなさんも是非利用してみてください!

f:id:kaoru6strings:20190723192542p:plain f:id:kaoru6strings:20190723192547p:plain

弁当がすごい!

勉強不足で料理の名前が全然わからなかったのですが、とにかく豪華なお弁当!!特に写真右下の骨付きチキンはスパイシーな香りがしてとても美味しかったです!

f:id:kaoru6strings:20190723192631j:plain f:id:kaoru6strings:20190723192650j:plain

懇親会がすごい!

カンファレンスの後は懇親会!懇親会を3行でまとめると

  • 瓶ビールうますぎ
  • ご飯うますぎ
  • 遊び心満載

ご飯を食べたあとは、スポンサーの会社さんの名前や技術の名前などを使ったビンゴ大会が行われました!

f:id:kaoru6strings:20190723192716p:plain

また、ビンゴゲームの後にはクイズ大会も!(台湾語でほとんどわからなかったので勘で答えました笑)

f:id:kaoru6strings:20190723192726p:plain

ビンゴゲームの実装楽しそうだなと思ったので、どこかで使う予定があれば実装してみたい...!(Twitterで@kaoru6stringsまでDMください!)

最後はみんなでマリオカート!懇親会めっちゃ楽しかったです!

f:id:kaoru6strings:20190723185656j:plain

おわりに

とにかく最高の雰囲気のカンファレンスでした!カンファレンス参加者への配慮や、おもてなしのレベルがすごく高く大変勉強になりました。

最後に、Laravel Conf Taiwan 2019のスタッフの皆様、Fontech 方客特の皆様、Laravel Conf Taiwan2019の 参加の機会を与えてくださった全ての皆様に感謝!

本当にありがとうございました!

台湾すごくいい国だったので、みなさんも是非台湾へ!

セッションの内容は、後日こちらのチャンネルにもアップロードされるとのことなのでこちらも要チェック!

LaravelConf Taiwan - YoutubeChannel

ところで...

みなさん台湾には臭豆腐という食べ物があるのをご存知だろうか

匂いはきついが味はうまいというチーズや納豆に似た食べ物なのだが、、

f:id:kaoru6strings:20190723192936p:plainf:id:kaoru6strings:20190723192941p:plainf:id:kaoru6strings:20190723192946p:plain

台湾にお越しの際は是非おためしあれ!そして@kaoru6stringsまで感想をきかせてください!笑