株式会社Re:Build

株式会社Re:Build

「Laravel Meetup Tokyo Vol.12」に参加しました!

株式会社リビルドの谷田です! f:id:nanamicronn:20190603091707j:plain 5/22(木)に恵比寿で開催されたLaravel Meetup Tokyo Vol.12に参加してきました。
沖縄に移住してから一年となりますが、移住以来初の東京でした。
さすが大都会、とにかく人が多いのです!そして歩くのがはやい!
そんな中、久しぶりの人混みにおろおろしながらいざ恵比寿へ。

laravel-meetup-tokyo.connpass.com

参加動機

Laravelに携わるようになってから、早半年。
右も左も分からずひたすら目の前のことをこなす日々でした。

そんな学びの毎日ですが、まだまだ知らないこと
分からないこと、また気づけていない良さもあるに違いないとおもいました。

そこで今回は興味の幅を広げることを目的に参加することにしました。

会場

アライドアーキテクツ様でした。 www.aainc.co.jp

弊社開発組織は "One Team, One Goal" というスローガンを掲げ、職種や国籍、働く場所に関わらず、プロジェクトに参画する全員が1つのチームとなり共通のゴールに向かう環境を構築しています。

オフショアなどの言葉を多く耳にするなか、
国を超えて1つのチームとして働いているだなんて素敵ですね。

Laravel Meetup Tokyo Vol.12

あまり大きな勉強会に参加したことがなかったためすごく緊張しつつ会場入り。
ずらーっと並べられたたくさんの椅子をみて圧倒されてしまいました。
しかし、こんなにものたくさんの方々がLaravelへの想いを募らせ
集まっているのかと思うととても心強くおもいます!!

会場提供企業様含め9名の方が登壇されていました。
Eloquentへお別れ、パッケージのお話、Laravel+Slack通知での共同開発
エラーログの出し方、Auth0を使ってみたお話などありとあらゆる分野での
発表が繰り広げられました。

くまもんエンジニアさんの「Laravel+Slack通知で実践したリアルタイムエラー共有開発」 のお話では、開発のためのLaravelでの実装を発表されており、とても興味深かったです。 開発する環境にさえもLaravelを使用することができるんですね。

以下、現在アップロードされている分のスライドになります。

Eloquentに別れを告げるタイミングについて考えた

speakerdeck.com

Laravel Novaの適切な使い方を考えてみる

speakerdeck.com

Laravel+Slack通知で実践したリアルタイムエラー共有開発

speakerdeck.com

LaravelでAuth0を使ってECサイトを実装してみた

speakerdeck.com

エラー時にログに出力する情報と画面に表示する情報を分ける

www.slideshare.net

おわりに

はじめてのおつかいレベルにどきどきだったも束の間、発表に夢中に・・
社外の方のお話を聞く機会があまりなかったので
とても貴重な時間となりました!

気軽に参加することもでき、
運営の方々発表された方々には本当に感謝です。

積極的に勉強会に参加していきたいとおもいます!

告知

2019年10月12日(土) PHPカンファレンス沖縄開催決定
初心者の方からも上級者のまで、お気軽にご参加ください!
phpcon.okinawa.jp